ワキ脱毛で失敗しない為に

ワキの脱毛

わきを脱毛する

先祖であるケモノ時代の名残で人間には不要ではないかと思われる体毛があります。しかし、体毛には体温を保ち、肌の表面を保護するという役割もあります。人間は服を着たり火を使う生活をするようになったため、体毛は徐々に衰退しました。しかし、身体の一部に体毛が残っているのは、何らかの役割があると考えられます。

頭髪や手足に生えている体毛は直射日光と紫外線から肌を守り、また耳鼻等の毛はホコリや虫が器官に入らない用にする役割があります。体毛は役割があって生えているものですが、ムダ毛と呼ばれて脱毛するのはおしゃれに見えるからという理由です。

体毛のある動物は汗をかきません。汗はエクリン腺からでてきます。人は汗をかき、体温を下げる機能があるから体毛は無くてもよくなったのでしょう。では、なぜ体の一部に体毛が残ったのでしょうか。体毛の残っている部分に多いのはアポクリン腺です。強い匂いを出すことがあり同時にフェロモンも分泌します。フェロモン(性フェロモン)を出すのはセックスアピールであり、動物では子孫を残すために最も重要です。

夏になると肌を露出しワキが見える事も多くなります。女性にとっては男性の視線が気になるところです。ワキ毛を脱毛するのは男性に対して好感を持ってもらうという意識があるのが理由のようですが、それだけではなく現在では大人の女性のエチケットとなっています。

自己処理の方法としてはカミソリで剃る、毛抜きで抜く、除毛クリームを使うなどですが、これらの処理方法では後からまた毛が生えてきますので、なかなか面倒です。さらにカミソリで肌を傷つけたり、毛抜きを使った後に肌が腫れたり、除毛クリームで処理した後にかぶれたりヒリヒリしたりという肌にトラブルが発生するケースもあるようです。

最近では永久脱毛する人も増えています。永久脱毛すると毛がきれいに無くなり、つるつる肌になり、さらにワキの汗の匂いも軽減します。永久脱毛することにより毛根にあるアポクリン汗腺という匂いの元になる汗腺が部分的に破壊されワキ汗による嫌な匂いが減ります。永久脱毛により毛が毛根から破壊され毛穴が引き締まるという効果もあります。

わきの脱毛、V字ゾーンの脱毛を自分でやりたい人は、脱毛器口コミサイトから口コミ情報を見てみてください。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved