ワキ脱毛で失敗しない為に

ワキ脱毛機

レーザー脱毛機

医療用レーザー脱毛機で現在一般的に使用されている機器は3つの方式です。1.アレキサンドライトレーザー(755nm)、2.ダイオードレーザー(800nm)、3.ヤグレーザー(1064nm)で共通する特徴としては、単色で特定のエネルギー波長で単一照射であり光の指向性を持ちます。波長によって同じメーカーでもそれぞれに名前を付けています。IPLとは、Intensive Pulse Light ? インテンス・パルス・ライトの事です。

美容業界で使用されているIPL脱毛機はレーザー脱毛機と異なりキセノンランプを使用した減毛処理機です。キセノンランプとはカメラのフラッシュに使用される高出力源球です。レーザーは医療行為であり美容エステでは使用できません。

エステ店で使用しているものは医療用と異なりIPLは波長にはばのある光(400nm?1200nm)に特殊なフィルターをかけ、特定幅の波長を抽出して照射しています。光は拡散性があり、脱毛効果は同等ですが、医療用レーザーとIPLは異なる方式です。厚生労働省はIPL脱毛(拡散性)を医療行為とはみなしていません。

医療用レーザー脱毛機は、人工宝石であるアレキサンドライトを脱毛機に搭載し、755ナノメートルの波長で、皮膚表面下のメラニン色素に反応させます。レーザー光線はメラニンに反応するため、周囲の皮膚を傷つけることはなく、やけどの危険もありません。輪ゴムではじいた程度のわずかな痛みはあります。

レーザー脱毛機は世界的に使用されている安全性の高い医療機器で、米国食品医薬品局(FDA/日本の厚生労働省に当る)で永久脱毛のできる脱毛機器として認可されています。日本人の肌に適している医療用レーザー機であることから日本の医療現場でも幅広く利用されています。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved