ワキ脱毛で失敗しない為に

永久脱毛

医療レーザー脱毛

レーザーとは単一波長のことで、特定の色(周波数)に吸収される性質があります。医療分野では、外科手術や視力矯正のレーザーメスとして用いられています。美容分野でも脱毛以外にシミ、シワ、アザの治療に利用される場合があります。脱毛も含め全ての医療レーザーを使う行為は、エステティックサロンでは施術出来ません。医療機関のみに限定されます。これは厚生労働省より通達として指導されています。

医療用レーザーによる永久脱毛は、1996年にハーバード大学皮膚科Andersonグループがレーザー脱毛理論を発表したことから始まりました。美容外科や皮膚科といった医療機関で行うムダ毛の処理方法として、毛根に黒い色素(メラニン)にのみ集中するレーザー光線を当て、毛根細胞を破壊して永久脱毛する方法です。

歴史が浅いため100%の確実性のある効果としては、まだ立証されていませんが、最終照射後6ヶ月を経過した時点で新たな発毛がなければ永久脱毛としています。現在では、ほぼ主流の永久脱毛法となっています。

周囲の皮膚に反応しないので、火傷や色素沈着の心配もなく永久脱毛が達成できます。しかし、一部のエステティックサロンでは照射時間を長く取り過ぎて火傷を起こしたという事故の例があります。エステティックサロンでは許可されていない医療行為ですが、出力を弱くし、長時間照射する方法でワキ脱毛をしているところもあります。

毛を育てる毛母細胞がレーザーの熱で破壊され、しばらくは毛穴の中にブツブツと残った状態に見えますが、やがてきれいに抜け落ちます。皮膚へのダメージも少なく、1本1本処理する必要がないので、ワキ脱毛はもちろん、全身どの部分でも脱毛が可能です。皮膚への負担が小さいのでアトピーや肌の弱い人でも脱毛が可能です。永久脱毛して毛穴が塞がりツルツルの肌になります。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved