ワキ脱毛で失敗しない為に

その他

ワキ汗

一般にはワキ脱毛することによってワキ汗の量は減ります。ワキには体内にあるエクリン腺という汗腺とアポクリン腺という汗腺があります。アポクリン腺が、いわゆるワキガの原因となる汗を出します。

この汗がワキの皮膚表面の細菌に分解されることでワキガの臭いを発生させます。そのため、ワキガ対策としてはアポクリン腺を除くか、汗を出にくくするか、細菌を減らすという3つの選択儀があります。アポクリン腺を除くというのは外科手術が必要です。制汗剤は後の二つの対策をとっています。

ワキの細菌は必ずいるもので完全になくす事はできません。どんなに清潔にしてもゼロにすることはできません。しかし、ワキ毛を脱毛することで細菌の繁殖を抑えることはできます。逆にいうと、ワキ毛をはやしたままだと細菌が繁殖しやすい環境になっていると言う事です。ワキ脱毛をすることで、細菌の繁殖を抑え、ワキ汗の臭いも抑えることができます。

本来、ワキ脱毛をするとワキ汗が抑えられて減少するものなのですが、ネット上でワキ脱毛をしたことによりワキ汗が増えたという声があります。これに対しての明確な原因はよく分かっていません。エステティックサロンでのレーザー脱毛は医療機関でのレーザー脱毛と異なり、弱い出力のレーザーで照射時間を長くするのでそれが原因かもしれませんが、実際のところ明確な原因とは言えません。

エステティックサロンでワキ脱毛をする前には、事前にしっかりとした説明をうけることです。施術の具体的な方法はもちろん、永久脱毛となるまでには、何回の施術が必要であるのか。1回で永久脱毛にはなりません。施術の期間が何ヶ月かかるのか、1年以上に及ぶ場合もあります。費用は初期費用のみでなく全体でいくらの予算が必要なのか。施術の後でどうのような可能性があるのかなど、よく説明を聞いてから受けるべきです。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved