ワキ脱毛で失敗しない為に

自己処理

家庭用レーザー脱毛

家電製品の一つとして家庭用のレーザー脱毛機が販売されています。レーザー光は特定の色(周波数)に吸収されるという特性があります。その性質を利用して脱毛する方法の一つです。照射には本来医師免許が必要なのですが、医療免許が不要な出力を低く抑えた機器があり、エステティックサロンでも使用されています。

高出力のレーザーは医療器具ですから、使い方を誤ると火傷する場合があります。家庭用のレーザー脱毛機は出力を低く抑えている製品です。出力が低いので脱毛にかける時間が長くかかり、労力に比べて効果が薄いと思われます。

黒色に吸収される波長のレーザー光を皮膚に照射して毛根にダメージを与え脱毛します。毛周期の成長過程に照射した時に永久的に脱毛出来ます。それは毛根に対して十分な熱量を与えられるのがこの期間に限られます。皮膚の表面に出ている毛は15?20%程度であるので、1回の処置では永久脱毛の効果ありません。見た目に脱毛したように実感できるまでには15回以上の照射が必要となります。

肌の回復を待つ必要と毛周期のサイクルを考える必要があるので、2?3ヶ月ごとに繰返し照射することになります。あるいは少ない照射回数で脱毛したい場合は周期を長めにして4?5ヶ月ごとにするとより多くの毛を脱毛できます。10回以上照射した場合でも新規の発毛によりボツボツとムダ毛が生えてくることはあります。これは休眠していた毛が活動を再開したものです。永久脱毛するには1?2年くらいのペースでレーザー脱毛する必要があります。

レーザー脱毛することで刺激されて部分的に太い毛が生えて来る場合がありますが、レーザー脱毛を繰返すことで次第に細い毛に揃うようになってきます。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved