ワキ脱毛で失敗しない為に

自己処理

脱毛テープ

脱毛テープの使用方法は、脱毛したい場所にテープをしっかり貼り、一気にはがします。はがす時は痛いので息を止め一気にはがします。短時間で処理できるので急いでいる時には便利です。脱毛テープには様々なサイズが市販されています。ワキ毛のみでなく、足や腕などには大判のものが使いやすいです。テープを毛の流れに沿ってしっかり貼り、毛の流れに沿って一気にはがします。

脱毛テープは毛につきやすく皮膚にはつきにくい粘着剤を使用しています。皮膚に負担が少ないようになっています。脱毛テープを使用するときは、毛穴が開いた状態で使用します。入浴後などの清潔で毛穴の開いている時がベストです。

あるいは蒸しタオルなどで毛穴をしっかり開いてから行います。脱毛が終わった後に毛穴が開いたままの状態では細菌が入って化膿する恐れもありますので、後は冷たいタオルで冷やして毛穴を引き締めます。

脱毛テープのメリットは、急いでいる時に時間がかからず、あっという間に脱毛処理が終わってしまうことです。そして次に毛が生えてくるまでは多少時間がかかるのもメリットです。上手くいくと、きれいに毛が抜けツルツル肌になります。デメリットは、剥がす時の痛みです。はがす瞬間は勇気が必要です。慣れないときれいに抜けず、まだらに毛が残ってしまう場合があります。その時は毛が浮いている状態ですから、毛抜きですんなり抜けるはずです。

毛を抜いた後の毛穴がブツブツと鳥肌のようになってしまった場合は、毛切れもぐり毛になる場合があります。また短かすぎると上手くテープに粘着しないので、ある程度2mm以上くらい毛の長さが必要です。次に生えてくる毛が皮膚の中で切れたままになったり、それが伸びても皮膚の中でちぢれて外へ伸びて来ない現象がもぐり毛です。問題はありませんが、見た目がよくないです。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved