ワキ脱毛で失敗しない為に

自己処理

脱毛ワックス

脱毛を行う自己処理方法としてワックスは人気のある脱毛剤です。自己処理用のワックスはドラッグストアに豊富な種類が販売されていますし、エステでも提供されています。脱毛テープは局面の皮膚にビッタリと貼付けるのは難しいですが、ワキ毛処理用としては脱毛テープよりワックスの方が扱いやすく、確実に除毛できます。

アンダーヘアの脱毛であるブラジリアンワックスも実は脱毛ワックスです。リオのカーニバルで付ける衣装用に、アンダーヘアの脱毛に使われることからブラジリアンの名前が付きました。

ワックスは使用前に温めてワックスを溶かし、脱毛部分にワックスを塗ります。ムダ毛をキャッチしたままワックスが再び固まるまで待ちます。ワックスを剥がす時に毛根から毛を抜き取ります。脱毛ワックスは毛根から毛を抜くのでスベスベ肌が長く持ちます。個人差はありますが、2?3週間くらいは持ちます。ワックスを剥がす時に不要な皮膚の角質も取除くので足や腕の脱毛にはお肌のターンオーバーを促進させる効果もあります。ワキは角質のできる場所ではありません。

脱毛ワックスは手作りできます。手作り脱毛ワックスの材料は水と砂糖とレモンです。作り方は小さな鍋に砂糖40gを入れ、砂糖に水をヒタヒタに入れます。弱火で、ゆっくり混ぜながら砂糖を溶かします。レモン半個分を絞り入れます。さらにまぜながら加熱を続けカラメル色になったところで火から下ろします。手で触れる程度に冷めて温度が下がったら空気を含ませるように手で練りこみます。

白っぽくなるまで練りこんで出来上がりです。脱毛したい場所に塗り、固まったら毛の流れと逆方向に一気に剥がします。砂糖を溶かす時に、蜂蜜やオリーブオイルを加えるとお肌に保湿効果を与えます。工夫してオリジナルの脱毛ワックスを作ってみるのもよいかもしれません。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved