ワキ脱毛で失敗しない為に

自己処理

豆乳ローション脱毛

ワキ脱毛処理後の肌のケアに効果的なのは豆乳ローションです。脱毛クリームで除毛処理後にスキンケアとして豆乳ローションをしっかり肌に含ませるとよいです。ワキ脱毛の一つとして豆乳ローションそのものにも脱毛効果があります。

豆乳ローションは手軽に自分で作って試してみる事もできます。即効性のある脱毛効果ではありませんが、豆乳ローションには毛を細くしていき毛根の力を弱める効果があるので、徐々に毛が少なくなり抜けやすくなっていきます。

ただし中には肌に合わない人もいますので、使用前に必ず自分の肌に合うかどうかをチェックしましょう。目立たないところの肌で試し塗りをして異常がないと確認してから使用してください。豆乳ローションはワキ毛だけでなく全身のムダ毛に使用可能です。ワキ毛脱毛処理後または入浴後などにたっぷりと豆乳ローションを塗ります。効果はすぐに出ませんが2?3週間くらいから徐々に実感できます。注意事項として、皮膚に傷口がある場合は絶対に豆乳ローションを塗らないでください。

市販されている豆乳ローションには豊富な種類があります。選択の目安は豆乳成分の濃さです。中には、効果が期待でき無い「豆乳風」な材料を使っただけの商品もありますので成分にはよく注意してください。豆乳が使われている商品かどうか成分を確かめて購入してください。

豆乳ローションは自分で作れます。準備するものは、豆乳500ml(大豆固形分8%以上のもの)、レモン2個、消毒用エタノール60ml(無水エタノールの場合は46ml)です。レモン2個分の果汁をしぼり、湯葉が出来ないように注意してゆっくりまぜ続けてください。ごく弱火で60℃くらいが目安です。火を止めてから、消毒用エタノールを加えてさらにかき混ぜます。冷ましてから清潔な容器に移し冷蔵庫で保管してください。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved