ワキ脱毛で失敗しない為に

自己処理

抜く

自分でワキ毛を処理する方法の一つに毛抜きで1本1本抜くという方法があります。痛いですが、簡単で安上がりな方法です。デメリットとしては痛い事に加えて時間がかかる事と炎症の恐れがある事です。炎症を起こさないための対策としては、抜き終わった後にローションや化粧水などをぬるのも厳禁です。肌の状態をよく見て場合によっては数日に分けて処理するようにしましょう。

こわごわゆっくり抜くとかえって痛みを大きく感じるので、少しでも痛みを和らげるためには、ワキ毛の生えている流れの方向に、思い切って一気に抜きとる事です。毛の流れと反対方向に抜くと皮膚が引っ張られてブツブツの鳥肌になってしまう原因になります。ワキ毛を毛抜きで抜く時の注意点は、根元をしっかりつかむ事と皮膚を挟まないように注意する事です。

風呂上がりなど、毛に水分を含んでいる時に抜くとか、熱い蒸しタオルを当ててから抜くのが抜きやすくするコツです。お風呂上がりの毛穴が開いた時に処理しやすいのですが、風呂場で抜くのは辞めましょう。毛穴から細菌が入り炎症を起こしやすくなります。

抜いた後の毛穴が目立ちますが、カミソリで剃るよりも次に生えて来るまでの期間は長いです。しかし、カミソリで剃るより抜く処理の方が肌へのダメージは大きいです。毛抜きは平安時代からある道具で非常に歴史のある物です。この時代は眉毛を抜いて白粉をぬっていたようです。毛抜きのメリットはスベスベ肌の持続期間が長く続くということです。

通信販売などで「エステと同じ効果」とか「家庭で永久脱毛」と謳っている商品があります。このような商品にはレーザー脱毛機や針脱毛機のように見えるものもありますが、それらは医療機関でしか取扱いできない商品であり、一般向けに販売される事はありません。似た様な効果を謳っていますが、単に毛を抜いているだけに過ぎないものがほとんどです。従ってすぐに毛が生えてきますし、永久脱毛ではありません。高額な商品が多く、購入はお薦めできません。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved