ワキ脱毛で失敗しない為に

ワキ毛について

アポクリン腺

アポクリン腺は大汗線とも呼ばれ、ワキの下など特定の部位にのみ存在する汗腺です。アポクリン腺から分泌される汗が、「わきが」の臭いの原因となります。しかし、アポクリン腺から分泌された汗自体が臭うのではなく、アポクリン汗に含まれる脂肪酸など様々な物質が肌の表面の細菌に分解された時や、皮脂腺から分泌された皮脂や、またはエクリン汗と混ざり合った時に独特な臭いを発生します。

アポクリン腺は性ホルモンとの関係が深い汗腺で、その臭いがセックスアピールとなるものなのですが、日本人には、あまり強い体臭は好まれないようです。アポクリン腺の数は、比較的男性の方が女性よりも多く、欧米人の方が日本人よりも多いと言われています。

アポクリン腺は生まれた時から存在しますが、活発に働き始めるのは思春期以降で主にフェロモンのように異性を引きつける臭いを出す働きがあります。

動物にとっては、アポクリン腺から分泌される汗のにおいが異性を引きつける手段です。また、においで仲間の確認をするなど重要な働きがあります。しかし現代人、特に日本人は、このにおいを好まない傾向にあります。エクリン腺が全身にあるのとは反対にアポクリン腺は特定の部位にのみ存在します。ワキの下、性器の周囲、肛門、乳輪、耳の中に存在し、その中でも最も多いのはワキの下です。

アポクリン酸の成分は、タンパク質、脂肪(脂肪酸・中性脂肪)、鉄分、糖質、色素、尿素、蛍光物質、アンモニアからなります。アポクリン腺から分泌する汗は粘り気があり、乳白色です。それが、細菌に分解された時に独特のにおいを発生させます。動物性脂肪の多い肉類中心の食生活をしていると脂肪酸をアポクリン腺から多く分泌するようになり、よりわきがと体臭を強くする原因となります。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved