ワキ脱毛で失敗しない為に

ワキ毛について

エクリン腺

人間の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。普段汗をかいたと言う汗はエクリン腺から分泌された汗のことです。また多汗症の原因となる汗もエクリン腺から分泌される汗で、暑いわけでもないのに何らかの原因でエクリン腺から多量の汗が出てしてしまうものです。

エクリン腺の働きは、体温調整、皮膚の乾燥防止、腎臓機能の補助作用の3つです。エクリン腺から分泌される汗は生命維持に欠かせない体温調整という重要な役割を果たしています。また、皮脂腺から分泌される皮脂とエクリン腺から分泌される汗が混ざり合い、皮膚の乾燥を防止し,皮膚の潤いを保っています。

エクリン腺は唇やまぶた、外耳道を除く全身に広く分附しています。特に手のひらと足の裏、額にエクリン腺は集中しており、これらの部位が汗をかきやすい場所です。エクリン腺はその全てが活動している訳ではなく、実際に活動しているのは全体の半分程度です。エクリン腺の数は生まれた時に既に決まっています。赤ちゃんも大人と同じ数のエクリン腺があります。大人より子供の方が汗かきなのは体の表面積に比べエクリン腺の数が多いためです。

エクリン腺の成分は99%が水で、残り1%は塩分、尿素、アンモニア、ミネラル(カルシウム)です。99%が水ですから無色透明で粘り気もありません。エクリン汗が分泌されるのは、気温上昇や運動などで体温が上昇した時(温熱性発汗)、緊張で大脳への刺激があった時(精神性発汗)、辛い物を食べたとき(味覚性発汗)です。

健康な人であれば、1日に1.5?2.0リットル、夏の暑い日であれば1日に3.0リットルもの汗をかくと言われています。 エクリン腺の汗は99%が水なので臭う事はありませんが、シャツなどに吸収されて細菌が繁殖すると臭いを発生します。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved