ワキ脱毛で失敗しない為に

ワキ毛について

わきが

わきがとは、わきの下から発せられる特有の匂いのことです。わき汗をかくと皮膚の表面に細菌が繁殖し、その発酵臭が、「わきが」の原因になります。汗を出す汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。

エクリン汗を出す汗腺は全身にあり、1センチ平方メートル当たり100個以上の汗腺があります。毛穴とは異なり目で確認できないくらい小さな汗腺です。エクリン汗の成分の約99%は水分であり、サラッとしています。

皮膚はエクリン汗が出ると酸性になります。エクリン汗は皮膚についた細菌の繁殖を防ぎ、細菌の発酵臭を防ぐことに一役買っています。しかし、エクリン汗がシャツに付き、水分の多いため蒸発しやすくシャツに付いた匂いを発散させることになります。

アポクリン汗を出す汗腺は、わきの下やへその周り、耳の外耳道、乳輪、性器、肛門周り等限られた箇所だけある毛穴から出て来る汗です。男女とも第2成長期の時期に大きく増加して、老年になると減少します。タンパク質、糖質、脂質、アンモニア、鉄分といった体臭の原因となる物質を含む、少々粘りのある汗です。栄養豊かで塩分を含まない汗は、細菌が肌の表面に繁殖しやすい環境となり、細菌の発酵臭がわきがの原因となっています。

エクリン腺、アポクリン腺の他には、皮脂腺があります。皮脂腺は皮膚の潤いを保つ働きをします。皮脂腺から汗はでませんが、エクリン汗にアポクリン汗や皮脂腺が混ざることによって臭いの発生元になります。動物性脂肪を多く取ると皮脂腺が活発に働くようになり、「わきが」や体臭が強くなってしまいます。動物性脂肪を多く摂取しないように注意すれば、多少臭いを抑える事ができるようになります。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved