ワキ脱毛で失敗しない為に

ワキ毛について

長さ

頭髪や髭は長く伸びていくのに、それ以外の体毛はそんなに長く伸びることはありません。その理由ですが、頭髪や髭もそれ以外の体毛も同じく、ある一定の期間を過ぎると生え変わっています。ただ頭髪や髭とそれ以外の体毛とでは生え変わる一定期間の長さが異なっているからです。一見して頭髪や髭は永遠に伸び続けているようにも見えますが、そうではなく、生え変わっています。

毛の成長源は、皮膚内にある毛根の表皮細胞集団(毛球)に接続した、新しく角質を作るところにあります。頭髪や髭は長くのび続けますが、それ以外の体毛は長く伸び続けないのは、頭髪やヒゲに比べ、その他の体毛が生え変わる期間がはるかに短く、古い毛が抜け落ちて、新しい毛に生え変わるからです。それで一定の長さ以上になる前に生え変わってしまうので、成長が止まったように見える訳です。

一定期間が過ぎると、表皮細胞の細胞分裂機能が低下し、徐々に毛球は萎縮し皮膚の浅層部へ移動します。そしていつかは抜け落ちるのですが、毛根がまだ皮膚内にある間はそのまま毛が生えている状態ですから変化に気付きません。しかし毛の成長は止まっていますので、これ以上の長さに伸びることはありません。

そして萎縮した毛球の細胞から分裂機能が再び出現すると、新生細胞群が皮膚の深層に移動し、新しい毛球を形成します。この新しい毛球から伸びて来る毛が古い毛を押し出して古い毛を抜け落します。生え変わりの一定期間をを毛周期といい、周期の長さの違いが毛の長い短いを決定しています。このような毛の交換は頭髪も髭もそれ以外の体毛にも、全ての体毛に見られる過程です。

個人差がありますが、頭髪の寿命は男性で3?5年くらい、女性で4?6年くらいです。髪とヒゲ以外の体毛の寿命は2?5ヶ月くらいで抜け落ちて生え変わっています。この寿命の長さの違いが毛の長さの違いとなっている訳です。

Copyright (C) ワキ脱毛で失敗しない為に All Rights Reserved